自己破産の相談手続きを費用無料で簡単にする方法!!市区役所か弁護士をおすすめa

MENU

自己破産の相談は専門の弁護士に無料出来ますし、手続き方法も教えてくれます

自己破産手続きの相談方法について債務整理をする時の最後の手段としてよく使われているのが自己破産です。抱えた借金をすべて全てチャラにしてしまえるのが自己破産なのですが、具体的にはどんな手続き方法なのでしょうか?相談方法とともに詳しい点を解説したいと思います。

 

 

■自己破産とはどんなことかそもそも自己破産というと

どんな状況を指している言葉なのでしょうか。自己破産は、多くの借金を抱えた人が借金があまりに増えたために経済的に破綻に至ったときに対処法として利用できる国民の権利として国によって制定された制度です。今後債務者がどれだけの努力したとしても弁済することができない状態であると裁判所に認められたとき・
免責不許可事由にあたらないときに申し立てすることのできる手続きのことで、今後債務者の生活における最低限必要だと判断されるものだけを除きその他は全部換価することになります。それからクレジット会社・銀行・キャッシング会社などの各々の債権者に対して負っている債権額に応じた支払いをし弁済をおこなえば、借金を返す
義務が免除される制度となっています。申立書を裁判所に提出することによって破産手続きの開始となりますが、自己破産の後は残った借入金と債務は全部ないものとみなされるので、支払う術がなくなってしまった債務者の最終手段として利用されることが多いようです。破産の申請というものは債権側からも可能ですが、
債務者が自分自身で裁判所に破産申立書一式を提出して受理されて破産する場合のことを「自己破産」するといいます。そのようにして自己破産をした場合、自分の生活を継続していくために最低限の自由財産を残すことはできますがそれ以外については没収されて処分され債権者に配当されます。現金であれば99万円、預金であれば20万円を超える
財産は国によって取られますから十分注意してくださいね。

 

■債務整理の相談をする場合 

 

債務を整理するためには自己破産という方法の他にも特定調停、個人再生手続、そのほかに任意整理といった手段があります。それぞれ特色があり、借金返済の額や良いところとそうでないところも異なってきます。
「もう自己破産するしか方法はない」と思える位に万策尽きたとあきらめた人も、実状を整理してみるとそこまでしなくても解決できることの方が多いかもしれません。専門家の判断によれば、自己破産しようかと悩んでいる人のうち7〜8割がそうする必要がない状況だと思われるという統計が出されています。ですからあらかじめしっかりと法律の知識がある人間に
自分の陥っている状況について正直に全部説明して適切な指南を受けることが、最も賢明な方法でしょう。相談は主として弁護士にすれば一番いい解決策がみつかるでしょう。弁護士に相談してみることによって、自分が今最も必要としていることが自己破産であるのかそれとも他の債務整理を選ぶことがよいのか
明瞭になります。仮に悩んだ結果、自己破産を選択した時にも、その手続きをちゃんと行うための指導とか利点とそうでない点の詳しい説明なども丁寧にしてもらえます。 

 

■弁護士に相談することからはじめてみましょう 

 

自己破産の相談は、ここ最近ではWEB上でも行うことができます。実質的な手続きに取りかかる場合は
依頼料金が発生してしまいますが、そこに取り組む前の相談までの段階ならタダで聞いてくれる事務所が多いようです。インターネットでメールや問い合わせ専用フォームなどから疑問に思っていることを書いて弁護士に質問を送ってみると、知りたい点を細かに相談することができるでしょう。一度利用してみるとよいでしょう。

 

 

 

自己破産の簡単手続き方法

 

 

自己破産の手続き できるなら自分とは何があっても関わることのない遠い存在であってほしい、自己破産。しかし人生においては予定していない出来事が起こってしまうことがあります。事業の失敗で支払い不能になったり、何らかの損害賠償が発生して、自己破産を余儀なくされることもあるといえるでしょう。そんなときのために、自己破産に関係のあるある程度の知識を持つことは
適切なことでしょう。■自己破産とはどんなことか自己破産というのはいったいどんな場合のことをいう言葉でしょうか。自己破産というのは、債務者があまりに多くの借入を抱えて経済的に破綻してしまったとき・債務者がこのあとどれだけの努力をしたとしても支払いができない状況であると裁判所に判断されたとき・
免責不許可事由と見込まれる事由がない場合に申立書を提出して手続きすることです。債務を抱えた人の生活における最低必要とされるものだけ残して、あとはすべて換価します。その後各債権者(クレジット会社・銀行・キャッシング会社)に対して負っている債権額に応じて借金の弁済をおこなって、残っている借金の支払い義務は免除してもらえる
、そのような制度になっています。裁判所での審問が終われば、自己破産とみなされた後はの借入や借金が全てゼロの状態になります。破産の申し立ては債権者からもすることができますが、債務者の方から裁判所に申し立ての手続きをして破産することについて「自己破産」といいます。
自己破産をすると生活するための差し押さえできない最低限の現金や家財道具しか自分の手元には残せずあとは処分しなければなりません。よって任意整理、再生手続など財産を残す債務整理の手続きと比較すると「最終手段」という形でよく用いられるということが自己破産手続きの特色となっています。■自己破産の流れについて 借入た負債額を完全になくしたいなら、
2つの段階を乗り越えることが必要です。裁判所により支払うことが不可能だと判断されたとしても借金はまだ残っているのです。全ての債務を弁済するのは不可能だと裁判所に認めてもらった後、次の段階として「免責許可の決定」というものを受けることが必要です。免責が許可されてはじめて、
残った債務を支払う義務が免責してもらえて借金が100%なくなります。とはいっても税金・国民保険・公共料金などの債務の支払いについては免責の扱いとならないので気をつける必要があるでしょう。従来までの破産法では破産手続をしたら免責手続は個別に申請をさらに行う必要がありましたが、新しい破産法が制定されて
それら全く別の手続きが一緒にできるようになりました。ですからひとたび破産手続開始を申し立てれば、不可分一体的なものとして免責許可のための手続きまでが行えるようになったのです。できるだけ手続きの簡素化・迅速化をすることが近頃では進められていることの明確な表れです。■迷わず弁護士に相談してみる
自分では手始めにどうするのがよいか何も見当がつかない・・・そうういう方は、一度弁護士を頼って訪ねて迷わず相談してみるのがよいでしょう。これから先返済を続けられる見通しはあるのか、もしないとしたらどのような手続きを踏んで解決すればよいのか、弁護士が話を聞いたうえで親身にどうすべきか教えてくれます。契約してちゃんと手続に
取りかかるまでの相談をするだけなら料金を取らないで相談に乗ってくれます。当サイトではネットをつかって匿名でごく手軽に申込が可能な弁護士法律事務所を取り上げて紹介していますので、あまり重く考えず相談したら問題を解決できるはずです。